ED(勃起不全)

包茎について

性器の悩み

性病について

早漏(そうろう)の悩み

その他

  • ●形成外科、泌尿器科全般

診療現場からの報告

第9話:包茎ではないけれど   [院長/西川]

感染症によるものではなくて、ただ、包皮がきれる、裂ける、と言って来院される方がいます。包皮には、外板と内板があって、内板から亀頭溝(亀頭の付け根の部分)への境界部が少し狭い(その径が)方の場合、 その稼動域も少なくて、その部分の皮膚が薄いと、物理的な刺激(セックス時の)によって、皮膚が裂けたようになる方がいます。

今日も、このような症状に悩んでいる40代の方が来院されました。数年前より、少し血が滲むような事が繰り返されていたようで、当然痛み(しみるような)もあったとの事です。 診察してみると、1cmほどの範囲の皮膚が少しただれたようになっていて、数箇所浅く裂けている状態でした。この方は、包皮のだぶつきがほとんどない方(包茎ではない状態)なので、 炎症をおこしている包皮だけを取り除く手術になりました。

この手術の場合、傷跡が目立たないように縫合する事と、手術後の腫れが出ないようにする(ちょっとしたコツがいるのですが)事が重要になります。

一覧へ戻る