ED(勃起不全)

包茎について

性器の悩み

性病について

早漏(そうろう)の悩み

その他

  • ●形成外科、泌尿器科全般

診療現場からの報告

第42話:性欲の低下について:“マカ”って何?   [院長/西川]

EDで悩まれている方は、私の想像していた以上に多いと感じています。性習慣の変化であったり、社会構造の問題であったり、ED治療薬の登場もかなりの部分で影響していると思われます。

先日のバレンタインデーは、今までで一番多くの来院数になりました。その中に、「50代に入って少しずつ元気がなくなってきた。途中で萎える事が多くなってきた。 色んなサプリメントを試しているが、どうもあまりパッとしない。何かよい方法はないだろうか。ED治療薬はどうだろうか。」と言われる54歳の方がいました。

基礎疾患がある訳でもなく、鬱症状もなく、所謂男性の更年期障害のようにも思えませんでした。よく言われる“年の所為”ってやつなんですが (本当はその原因があるはずで、でもそれを特定するのはかなり困難な場合が多いのですが)、サプリメント(特に“マカ”)に関して多くの質問を受けました。

そこで、これらサプリメント一般についての考え方を挙げておきますので、関心のある方は読んでみて下さい。
●サプリ&コスメを上手に活用するためのアドバイス

ED先進国のアメリカでは、ED治療薬の消費は日本の比ではないぐらい多いのですが、これらの治療薬は性欲の減退に有効なものではありません。 この性欲の減退に有効であると言われている“マカ”についてのレポートも載せておきます。

「マカを毎日飲み続けると、性欲を強く実感できるような体質になる。」

マカ機能性研究レポート Andrologia;34,6,367-72,2002  2002年12月号掲載の臨床試験より

天然のバイアグラと言われるが「即効性はない」
マカは「天然のバイアグラ」と言われますが、残念ながら、マカには血流を上げて勃起を促すような即効性はありません。むしろバイアグラとは全く違う働きを持つと言ってよいでしょう。マカを毎日飲み続けると、性欲を強く実感できるような体質に改善してくれるのです。

マカの性欲増進作用を検証
マカの原産地であるペルーのアンデス地方では、古来より、マカが男女の生殖能力を向上させ、妊娠を促進させる生薬として伝承的に利用されてきました。そして、アメリカやヨーロッパ、日本等に紹介されるに伴い研究者によりその機能が医学、生理的な検証が行われるようになりました。ここでは、男性病理学の学術論文誌である「 Andrologia」の2002年12月号に掲載された臨床試験「マカの成人男性における性欲増進作用」を紹介します。

マカの成人男性における性欲増進作用
■臨床試験実施研究機関 Department of Physiological Sciences , Faculty of Sciences and Philosophy and Ins tituto de Investigaciones de la Altura . Universidad Peruana Cayetano Heredia , Lima ,Peru

■臨床試験の方法
21歳から56歳の健康な成人男性57名を二つのグループに分け、一方にマカのサプリメント(1,500mg〜3,000mg)、他方に偽薬を1年間飲ませた。二重盲験法による(本物か偽薬かどちらを飲んだかは、本人にも研究スタッフにもわからないよにした)調査。4ヶ月、8ヶ月、12ヶ月目に性欲を測るテストを実施した。

■結果


マカの性欲増進効果
◎マカの粉末を1日1,500mg〜3,000mg飲んだグループでは、2ヶ月目からは性欲アップ効果が出てきて、8ヶ月後には性欲の指数が実験開始時の2.5倍を示しています。

このように、マカを飲んだグループでは、2ヶ月目からはっきりと性欲アップ効果が確認されました。この自覚は不安や憂うつ感といった心理状態とも、血中の男性ホルモンレベルとも関係ありませんでした。

性欲アップ効果による自然な精力増強
別の研究ではマカを飲むことで、放出する精子の量や運動能力を高めることが検証されています。男性の「精力増強」を考える場合、単に肉体的に勃起を促すというよりも、性欲を高めてくれるマカの作用は、より自然で理想的な作用と言えるのではないでしょうか。年齢による衰えの改善や、不妊改善においても、マカの性欲増強作用や、精力増強作用がより自然な結果をもたらすことに繋がることでしょう。いずれにしても、副作用等のリクを伴う薬剤に頼るのではなく、肉体的にも精神的にもより自然で、一過性ではなく永続的な作用がマカの特徴と言えるのではないでしょうか。

一覧へ戻る