診療現場からの報告

第75話: [レスベラトロールでEDが改善? 院長/西川]

ポリフェノールの一種のレスベラトロールが、男性のED(勃起不全)を改善する効果があることを、大阪大学の研究チームが動物実験によって確かめました。

阪大大学院の研究チームは、糖尿病を発症させてEDにしたラットに、レスベラトロールやED治療薬を4週間投与しました。その後、電気刺激によって性器の勃起機能を調べたとのこと。

その結果、正常なラットの勃起機能を100とすると、何も与えなかったEDのラットのそれは20、レスベラトロールだけを与えたラットでは80、そして、ED治療薬(レビトラ)だけを与えたラットでは70、さらに、レスベラトロールとED治療薬を併用したラットでは、120と正常なラットの勃起機能を上回ったというのです。

また、レビトラだけでなく、バイアグラでも同様の改善効果が見られたとのこと。そして、糖尿病によるEDだけでなく、心因性などのEDでも効果があるとみているようです。

レスベラトロールはブドウの皮や落花生の種皮に含まれるポリフェノールの一種です。アンチエイジングのための成分として、現在、最も注目されているようです。フランス人は、赤ワインの消費量が世界一であることから、高脂肪食なのにもかかわらず、心臓血管の病気がすくない、いわゆる“フレンチパラドックス”の鍵を握る成分ではないかとされ、脚光を浴びるようになりました。

今回の試験でラットのEDの改善効果が見られたのは、血管を広げる作用がある一酸化窒素を産生することを促す働きがあるために、血流が増加するためではないかとのこと。

もしかしたら、ED治療薬とレスベラトロールを含むサプリメントを併用し、治療薬の量を減らすことができればEDに悩む男性にとって朗報になるかもしれません。

ただし、非常に断片的で一方的な報告をもって、あまり煽るような行動は断じて慎むべきですが(サプリメント業界やマスコミはほとんどがこのような傾向にありますが)、ビールや焼酎を浴びるように飲んでいる方は、たまには赤ワインもよさそうですね。

一覧へ戻る