診療現場からの報告

第142話: シアリスの併用禁忌薬 [カウンセラー/森下]

この度、シアリスの併用禁忌薬に、sGC刺激剤リオシグアト(アムデパス)が追加されました。

sGC刺激剤リオシグアト(アムデパス)は、国内で新たに承認・販売された肺高血圧症治療薬です。シアリスと併用することで、血圧低下を起こす危険性があるために併用禁忌薬とされました。

sGC刺激剤リオシグアト(アムデパス)のように、シアリスとの併用で血圧低下等の危険性から併用禁忌・併用注意とされる薬剤は他にもあります。

    <併用禁忌(併用してはいけません)>
  • 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビド等)
    <併用注意(併用には注意が必要です)>
  • ・CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、グレープフルーツジュース等)
  • ・HIVプロテアーゼ阻害薬(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等)
  • ・CYP3A4誘導体(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール等)
  • ・α遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシン等)
  • ・降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等)
  • ・カルペリチド

これらの薬剤の投薬を受けておられる方は、シアリスを使用される前に主治医に御相談されることをお勧めします。
お体の状態にもよりますが、服用中の薬剤を変更できれば安心してシアリスを服用していただけます。

当然これはシアリスに限ったことではなく、バイアグラ、レビトラでも同様です。