診療現場からの報告

第151話: シアリスで大冒険!? [カウンセラー/森下]

三浦雄一郎さんという男性を御存知ですか?
2013年に世界最高齢の80歳でエベレストに登頂成功した冒険家といえば、ほとんどの方が「あぁ〜!」と思い出されるのではないでしょうか。周囲のサポートがあっての事とはいえ80歳でエベレスト登頂となると、準備期間の努力や身体のメンテナンスなど並大抵のことではなかったでしょう。

さて、この三浦さんですが、実はエベレスト登頂を目指す際にED治療薬『シアリス』を服用されていたんです。
といっても、これはED治療のためではありません。血流を良くすることを目的に服用されていたんです。

以前にも記載しましたが、ED治療薬には血管内皮からのNO(一酸化窒素)分泌を促進する働きがあります(第94話:ED治療薬の耐性)。血管内皮から分泌されるNOには、血管拡張作用(降圧作用)、血小板凝集抑制作用(抗動脈硬化作用)などがあり、いわば血管のアンチエイジングが見込めます。
三浦さんの場合、週に2回程度シアリスを服用されていたとのこと。
ちなみに三浦さんは、3ヶ月を過ぎたぐらいから高校生のように朝勃ちするようになったそうです。

健康を気にされる中高年の方は、定期的にシアリス(バイアグラやレビトラでも可能)を服用されてはいかがでしょうか。 もしかしたら勃起が強化(復活)→性交渉の再開(適度な運動)→男性ホルモンの分泌→体力、筋力、意欲の増加というプラスのスパイラルが始まり、気が付けば近くの山にハイキングするぐらいの健康な身体を取り戻しているかもしれませんよ。