診療現場からの報告

第164話: 男性のアンチエイジング [カウンセラー/森下]

男性におけるアンチエイジングには、代表的なものが2つあります。
ED(勃起不全)と脱毛症(俗に言う「はげ」)です。

どちらも一昔前までは治療する術が無く、男性にとっては悩みの種でした。しかし医学の進歩と共に、薬による症状の改善が可能となりました。

EDの治療においては、バイアグラ・レビトラ・シアリス、そしてシルデナフィル錠(ジェネリックバイアグラ)まで発売されており、私たち男性はEDを克服したも同然だといえます。
脱毛症についてはAGA(男性型脱毛症)に限ってとなりますが、プロペシアの登場によって多くの男性が頭髪の悩みから開放されました。更に2015年4月にはフィナステリド錠(プロペシアジェネリック)が発売され、この11月末にはザガーロ(第2のAGA治療薬)も発売ということで、更に多くの方が症状を改善できる環境が整ってきています。

残念ながら、ザガーロの発売は製造メーカーの事情により12月以降に延期されましたが、昨今の男性のアンチエイジング事情はかなり明るく良好だといえるのではないでしょうか。

EDやAGAが改善すれば、次にアンチエイジングで気にされるのはシワやシミでしょうか。
実は、これらの治療は驚くほど短時間で安全に行なえます。効果も自然な仕上りで、違和感はありません(何事もやりすぎはいけません)。
この為、老若男女に関らず、多くの方が施術を受けに来院されます。

どこまで若さ(アンチエイジング)を追求するかは、各人の価値観によります。
ただ、そのハードルは明らかに年々上がってきている様に感じます。

それにしてもAGAの新薬、ザガーロは発売延期は非常に残念な話です。