診療現場からの報告

第177話: インド(人)からの手紙 [カウンセラー/森下]

先日、乱雑に書きなぐったような文字で、全く心当たりのない会社から一枚の手紙が入った封書が届きました。
目を通すと、内容はよくある営業のDMです。念のため、一通り目を通し廃棄しようと思ったのですが、少し驚く内容が書かれていたためにゴミ箱行は先送りにしました。
その内容はというと…

「・・・世界中で販売されているED治療薬の90%以上はインドで製造されています。また、他のジェネリック医薬品も同様の世界的シェアをインドで占めております。そして、その製品の多くが、欧米や他のアジア諸国の問屋を通じて日本に入荷しています。・・・(一部抜粋)」というものです。

内容の真偽は確認中のため現段階では定かではありませんが、ED治療薬の90%がインドで製造されているとは私には正直考えられません。たしかにインドでは特許の概念が特殊である為、他国では存在するはずのない薬がジェネリック医薬品として製造販売されます。シアリスのジェネリックといわれる「メガリス」やバイアグラのジェネリックといわれる「カマグラ」がまさにそうです。

実はこうしたインドの薬は、決して粗悪な偽造品ばかりではなく製薬メーカーが製造しています。しかしながら日本国内では購入できない為、入手方法は個人輸入となります。

以前にもお伝えしていますが、個人輸入や通販などでは偽造品の流通量が正規品を大幅に上回っています。この為、個人輸入や通販で入手したメガリスやカマグラは偽造品である可能性が非常に高くなります(参考:第41話/第49話/第50話/第69話/第80話/第100話/第113話/第154話/第155話)。
安心して服用できるED治療薬をご希望であれば、国内の医療機関でバイアグラ、レビトラ、シアリスをお求めください。

話が逸れましたが、こうした営業にかかる医療機関は普通はないと思います。が、もしかしたら中には関心を持って取り扱いを検討している医療機関がないとも言えません。バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィル(ジェネリックバイアグラ)以外のED治療薬を進められたらご注意ください。

※決してインド国内で偽造品製造が横行しているという訳ではありません。