診療現場からの報告

第195話: AGAのセルフケア[カウンセラー/森下]

薄毛治療において、日々の洗髪はかなり重要なポイントになります。
プロペシア(フィナステリド)やザガーロ、ミノキシジルといった治療薬の服用(塗布)に併せて、正しい洗髪を行うことでより効果的に薄毛治療を進めていくことができます。

まず皆さん、毎日どの様なシャンプーを使ってますか?
最近では頭皮の汚れと一緒に、皮脂も根こそぎ洗い落とす様な洗浄力の強い商品もあります。洗浄力の強いシャンプーの場合、洗髪後は頭皮の脂が落ちたことを強く実感できます。 ただ、必要以上に脂を落とすと、身体は不足した脂を補うため過剰に脂を分泌するようになります。
結果、数か月後には以前より頭皮の環境が悪くなっているということも少なくありません。

頭皮を清潔に保つ事は抜け毛予防には重要ですが、やりすぎは逆効果という事です。
できればスカルプシャンプーと呼ばれる頭皮環境を整える種類のシャンプーで、ご自身の頭皮にあった洗浄力のものをお選びください。

また、ご存知かもしれませんが、洗髪の方法も間違ってはいけません。
指の腹で頭皮を洗うという事は、ご存知の方も多いと思います。問題はその洗い方です。いくら指の腹で洗うといっても、頭皮をこするようゴシゴシ洗い上げてはいけません。ゴシゴシ洗いは頭皮や毛髪に負担をかけ、新しく生えてきている毛髪が抜ける原因ともなります。
理想の洗い方は、指の腹で頭皮を動かしてマッサージするようなイメージです。側頭部や後頭部などから頭頂部に向けて洗うことで、血行不良の改善にもつながります。 当然、すすぎやタオルドライにおいてもゴシゴシは厳禁です。

AGA治療薬の服用も重要ですが、こうした日々のセルフケアも侮ってはいけません。
是非お試しください。