ED(勃起不全)

包茎について

性器の悩み

性病について

早漏(そうろう)の悩み

その他

  • ●形成外科、泌尿器科全般

性病について

ほとんどの性病が薬で治ります

■性病の種類はこれだけあります(男性の場合の主なもの)

性感染症(性病)については、そのネガティブさからか、なかなか相談できなくて、 しばらく放置している、といった例がかなり多いようです。 進行してからの治療が、かなりやっかいになるものもありますので、 出来るだけ早く、医師の診察を受けられるべきです。

性病と言われるものには以下のようなものがありますので、参考にして下さい。

●淋病

性交渉によって感染する場合がほとんどで、尿道炎を引き起こします。 病原体は淋菌で、潜伏期間は2〜7日程度です。 排尿痛があって、尿道からの排膿が見られます。 近年では、下記のクラミジア性尿道炎とともに、性風俗店でのオーラルセックスによって感染する例が爆発的に増えています。

●クラミジア性尿道炎

現在見られる尿道炎のほとんんどが、上記の淋菌とこのクラミジアによるものがほとんどです。 潜伏期間は1〜3週間で、排尿痛、排膿が見られます。ただ、無症状に近い例も多く、注意が必要です。

●梅毒

潜伏期間は約3週間で、痛みを伴わないシコリができたり、発疹が現れます。

●性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルスによる感染ですが、強い痛みと腫れが見られます。 嵌頓包茎の方で、腫れ上がってきてあわてて来院される方を多く見受けます。

●尖圭コンジローマ(Condyloma acuminatum)

ウイルス性の乳頭腫の一種で、ヒトイボウイルス(6型、11型など)の感染でおこります。 生殖器あるいは、その周辺部に発症します。 この出来物は、集まって多発し、乳頭状、花キャベツ状を呈します。

自然に治癒する事もある良性の疾患ですが、ヒトイボウイルスの型によっては稀に悪政化する場合もりますので、 やはり治療と経過観察は必要になります。

男性の場合は、診察(視診)のみで診断がつく場合がほとんどです。

尖圭コンジローマは5類感染症定点把握疾患というものに定められていて、毎月毎にその発症報告がなされていますが、 ここ数年来、増加傾向にあります。

●カンジタ症

陰部にかゆみを伴った炎症症状がみられます。

実際、性病で来院される方の多く(9割以上です)が、淋病とクラミジア性尿道炎です。 これに性器ヘルペスを加えた3種類は、かなり増加傾向にあります。 これら症状が出現する方は、現実的にはほとんどが包茎の方です。