ED(勃起不全)

包茎について

性器の悩み

性病について

早漏(そうろう)の悩み

その他

  • ●形成外科、泌尿器科全般

包茎について

誰にも気づかれず、きれいに包茎を治しましょう

■亀頭直下埋没法を受けられた場合の、実際の手術と手術後の経過は?

現在、多くの施設でこの方法が行われていると思われます。 手術後の傷跡が目立つ事の少ない手術です。 手術は、クランプと呼ばれる機械を使用する場合と、全て手作業で行う場合があります。 クランプを使用しづらい場合(包皮が薄くて弱い方や、炎症が強くて腫れがある方など)は、 手作業で行うのですが、手術経過に特に違いはありません。


手術によって余分な包皮を取り除くことで、勃起時につっぱたりしないですか、 と質問される事が多々ありますが、そういう事のないようにおこないます(当然ですが)。

●実際の手術は?

手術には麻酔が必要ですが、ペニスの根元のあたりで神経ブロックを行います。 注射針が刺さる痛みはありますが、普通に我慢していただけるような痛みです。 麻酔後、取り除く包皮を決定して、マーキングします。 手術時は当然痛みはありません。 傷には基本的に吸収糸(2週間程度で溶けはじめて、1ヵ月後にはなくなります)を使用しますので、 抜糸での来院の必要はありませんが、非吸収糸を使用した場合は、術後10日前後での来院が必要になります。 手術は20〜40分で終了します。


手術後、手術後のスケジュール、薬の説明、患部の消毒、 テーピングの交換などの説明をおこなって帰院していただきます。

●手術後の経過は?

手術が終了すると、患部(傷のところ)に抗生物質含有のシート剤をあてがって、 その上からテーピング(包帯がわりのもの)をします。 術後の痛みは、その包茎の状態にもより個人差はありますが、 数日は痛みがあると思いますので、痛み止め薬の服用でコントロールします。


手術後は、特に日常生活は普通に遅れますが、 患部は3〜5日程度は濡らさないよう注意が必要です(シャワー浴のみ)。 入浴は1週間後からになります。


傷は2週間程度で治ってきますが、非常にテンションのかかりやすい部分ですから、 セックスは1ヶ月後から可能としています。


手術後の来院は基本的には必要ありませんが、 手術後何か問題があれば(痛みが強い、腫れがある等)いつでも来院していただけます。

●陰茎根部切除術を受けられた場合の手術後の経過は?

上記の、亀頭直下埋没法で何ら問題はないと思いますが、ペニスの先の部分の形状を全く変えたくない、 その部分を切らずに包茎を治したい、と希望される方が少なからずおられます。


このような場合、 仮性包茎の方の場合であれば、ペニスの根元部分で包皮を切除する事も可能です。 手術時間は30〜40分程度で終了します。 手術後経過は、亀頭直下埋没法とほぼ同様です。