3種類の治療薬

アンチエイジングとED

■アンチエイジングとしてEDを考えてみると

当院にED(勃起障害)の治療にお越しになられる男性の年齢は、若い方だと20代、 そして、上は80代までいらっしゃいます。

ただ、世間一般の傾向としては、やはり、年齢とともに、EDの発症率は高くなるよ うです。例えば、全く勃起しない完全型のEDだけでなく、勃起しないこともあると いう中等症EDも含めると、40代で20%前後、50代で40%前後、そして、 60代では60%前後にまでなるとの報告があります(※1)。

高齢化社会まっしぐらの日本では、これまでもED人口の増加傾向は伝えられていま すが、ますます、今後のその傾向が強くなっていくでしょう。

つまりは、EDは、年齢による身体の機能の衰え(エイジング)の1つとしてとらえ られるわけで、女性版アンチエイジングは、“いつまでも美しく”が一番のテーマに なもに対して、男性版アンチエイジングは、“いつまでも強く逞しく”ということに なるかと思います。

■生活習慣病としてのED

その昔、EDと言えば、ほとんど「心の問題」と片付けられていた頃もありました。

ところが、メタボが流行語になるこのご時世、肥満や喫煙などの生活習慣が、EDの リスクを高めたり、EDの男性は、将来的に生活習慣病を発症しやすいとの研究報告 が相次いでいます。

そもそも、勃起する力は、陰茎への血流量に左右されます。

ですから、メタボやタバコで、血液がドロドロ、そして、血管の柔軟性がなくなって いくと、勃起力が低下するのも当然と言えば、当然です。

泌尿器科の権威である帝京大学の掘江教授は、講演や著書の中で、「EDは自分で気 づく最初の生活活習慣病である」とまで、指摘されています。

実際に、アメリカの調査で、36歳から45歳のEDの男性で、高血圧や高脂血症、 糖尿病などの生活習慣病のどれかがある割合が、10年前は、34.5%だったのが、 なんと、63%に急増しているとのこと。

確かに、バイアグラなどのED治療薬は、てっとり早く、男性を回復させてはくれま す。それは、もうドラマティンクな効果があります。

ところが、それは、あくまで、対照療法的です。心因性のEDなどで、お薬できっか けを得て、改善されるようなケースは別として、生活習慣を改善することが大切です。

■男性ホルモンと抗酸化力を高めるのがポイント

年齢とともにさまざまな身体の機能が低下する、すなわち、老化は、大きくは、ホル モンや自律神経のバランスが変わっていくこと、また、細胞内では、活性酸素をはじ めとするフリーラジカルによる細胞の酸化が主因とされています。

勃起する機能の低下も例外ではありません。悪玉コレステロールが酸化することで、 血管内の血液が流れるところが狭くなり、血液が流れにくくなるからです。つまりは、 動脈硬化がおこるのですが、その影響は、まずは、陰茎動脈から起こるのです。ED が、自分で気づく最初の生活習慣病とされるゆえんです。


ご参考に 診療現場からの報告