ED(勃起不全)

包茎について

性器の悩み

性病について

早漏(そうろう)の悩み

その他

  • ●形成外科、泌尿器科全般

包茎について

誰にも気づかれず、きれいに包茎を治しましょう

■包茎治療をした方がいいかどうかはこういう判断で、、、。

まず、包茎は治療をしたほうが良いのかどうか、と言う事ですが、 包茎の状態よりもそうでない状態のほうが遥かに良いでしょう、と言うより他ありません。 遥かによい、と言う理由は以下のとおりです。


●亀頭が包皮に被われていると、当然その成長に影響があります。

亀頭が常にドロンと露出している方と、常に包皮が被さった状態の方では、顕著にその差はあります。 ペニスサイズに悩みを持っておられる方の大半が包茎な訳で、その意味においても、包茎でないほうが良いのではないでしょうか。


●早漏について来院される方の場合、実はほとんどの方が包茎です。

常に包皮に被われているために、物理的刺激に対して、かなり過敏であると言えます。 性交渉の上でも、包茎はマイナスではあっても決してプラスではありません。


●衛生面についてですが、その包皮の被り方にもよりますが、汚れ(恥垢)がたまり易いのは事実です。

高齢者の方で、今後入院生活をする必要となった時、その汚れで迷惑をかけないだろうか、とか、 やはり恥ずかしい、等と言われる方が多いのもうなずけます。


●性感染症で来院される方の場合、ほとんどが尿道炎、包皮炎という症状ですが、9割方は、包茎の方です。

やはり、常に包皮に被われている事で、外界からの刺激に対して滅法弱い訳です。


主だった理由は、その見た目も含めて以上のようなものですが、 やはり、包茎の状態よりもそうでないほうが良い、のは自明であるように思います。 ただ、その包茎の状態によっては、放置していても何ら問題のない方もおられるでしょうし、 手術にあたっては、その経過の事や傷跡の事、かかる費用も、大事な判断材料になるはずです。 治療内容や費用などを参考にされた上で、また、カウンセリングを受けられた上で、 治療を受けるかどうか御自身で判断する事が必要です。


ご参考に 診療現場からの報告