3種類の治療薬

肝心な時に勃起しない人[ED]かなり多いんです

■3種類の治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)を処方します。

ED(勃起不全症)については、従来より、その原因の鑑別をおこなった上で、 漢方薬を主体にした治療法が行なわれてきました。 また、塩酸パパベリンやプロスタグランディンE1製剤の海綿体への注射によって 勃起を促す方法も行なわれていました。


1999年に、ファイザー製薬がバイアグラを発売して以降、 上記のような治療はあまり行なわれなくなっています。 その後、バイエル薬品(株)より、同じような薬理作用をもつレビトラが発売されました。


更に、2007年9月12日より国内でも厚生労働省の承認がおり、 日本イーライリリー社からシアリスが発売されました。 シアリス(一般名:タダラフィル)は米イーライリリー社で開発され、 欧米では2003年から販売されており、 すでに世界100カ国で1千万人以上の方に使用されています。 (バイアグラ・レビトラ等とならぶ三大ED治療薬の1つです。)


現在、日本ではこれら3種類の薬剤の処方が可能となっています。 いずれも、健康保険適応外ですので、診察も含めて全額自費診療になります。


当院では、初診の上、必要であれば、これらの薬剤の処方をおこないます。 服用にさいして、何ら問題のない方であれば、次回は診察の必要はありませんので、 必要な分量をお伝えいただければ、すぐに処方が可能です。


バイアグラ
●バイアグラ(ファイザー)1錠(50mg)1,500円(税込)
●バイアグラジェネリック
「シルデナフィル」1錠(25mg)540円(税込)、(50mg)1,000円(税込)
「シルデナフィルOD錠」1錠(50mg:レモン風味、コーヒー風味)1,100円(税込)

バイアグラは、1錠(50mg)を、性行為の約1時間前に服用して下さい。 ご高齢(65歳以上)の方や、軽度の肝障害のある方(診察時にお伺いします)は、 25mgからの服用をおすすめします。


1錠で効果がないからといって、追加で服用しないで下さい。 そのような場合、何回か試されると効果が現れる場合があります。


バイアグラは50mgの服用で、多くの方が効果的である事が判っています。 バイアグラは、性欲自体を高める薬ではありませんので、 服用後は、基本的には性的刺激を受けないと、勃起はおこりません。服用間隔は、24時間以上あけるようにして下さい。

バイアグラに関しての詳細はコチラ
ジェネリックバイアグラに関しての詳細はコチラ


レビトラ
●レビトラ(バイエル薬品)1錠(10mg)1,500円(税込)

レビトラは1錠(10mg)を、性行為の約30分前に服用して下さい。レビトラ10mgは、バイアグラ50mgにほぼ相当します。


バイアグラと同様、性欲自体を高める薬ではありません。服用後に性的刺激を受けなければ、勃起はおこりません。服用間隔は、24時間以上あけるようにして下さい。バイアグラに比べると、即効性があり効果が長く続きます。


バイアグラ、レビトラ、両者の薬理効果には大きな違いはありませんが、個人差のレベルの違いについては何とも言えませんので、いずれかの薬の効果に多少の不満がある方は、他方の薬を試されるのも一つの方法だと思います。

レビトラに関しての詳細はコチラ

シアリス
●シアリス(日本イーライリー社)1錠(10mg)1,800円(税込)

シアリスは服用して約1時間程度で効き始めて、一度吸収されれば丸一日以上と長時間作用します。バイアグラやレビトラとは異なり、食事の影響を受け難いため最も使いやすいED治療薬といえます。


約36時間という長時間、性行為はいつでも可能という自由度の高いお薬ですので自然体での性行為が可能になります。 海外では『ウィークエンド・ピル』と呼ばれている人気の高いED治療薬です。
『ウィークエンド・ピル』とは週末に飲んで休み中は「いつでも好きなときに楽しめる」という意味です。

シアリスに関しての詳細はコチラ


ご参考に 診療現場からの報告