診療現場からの報告

第78話: [「バイアグラ エキスパート フォーラム」から 院長/西川]

先月、「バイアグラ エキスパート フォーラム」に参加してきました。
単なるファイザー製薬の販促のひとつなので何の興味もありませんでしたが、仕事場のすぐ近くでの開催だったし、たまにはいいか、との思いでの参加でした。

演者も座長もファイザー製薬の太鼓持ち連中なので、面白い話など聞ける筈もなく退屈極まりないものでしたが、唯一面白かったのは、九州や関東や東北方面からもわざわざやってきているドクターの多い事(暇だなあ)と、彼らの素っ頓狂な質問でした(だから何なの、的なものばかりで)。

上記の如くで、一ヶ月近くその報告が遅れましたが、受診者の方に有益な情報をひとつだけ書いておく事にします。

ED(勃起不全)が発現すると、それに遅れる事3年弱で、心血管障害が発生する頻度が非常に(有意に)高い、と言うものです。
簡単に言いますと、動脈硬化による症状の発現は、その血管の径が非常に細いペニスに最初に現れ易く、いずれ径の太い血管(心臓などの)に現れてくる訳です。

それ故、EDで悩まれている方は、その後に高い頻度で起こるであろう心筋梗塞や脳梗塞などにも気をつけておく必要があります。

ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)は、当然EDによく効く(有用な)薬なのは当然ですが、血管の硬化にも非常に有用(有益)な事が判っています。
決してファイザー製薬の片棒を担ぐわけではなく、これは本当なので、そういう意味でも、EDは放置しないに越した事はありません。

一覧へ戻る